Follow Us

アイス

  • イタリア・ドイツ・フランスで食べられているアイスの種類

    世界中で食べられているアイスクリーム。しかし国によって食べられているアイスクリームの種類は異なります。今回はヨーロッパの国のアイスを紹介していきます。

    イタリア

    イタリアのアイスといえばジェラートが有名ですが、そもそもジェラートはいつから作られるようになったのでしょうか。

    Many boxes of Italian ice cream gelato in a shop

    ジェラートの元となったのが、「シャルバート」というアラブで食べられていた冷たいデザートです。そのレシピがシチリアに伝えられ、その後レシピを元にシチリアの食材を使ったオリジナルのアイスが作られました。それがジェラートだったのです。 その後ジェラートはヨーロッパ各地に伝えられ、各国のアイスに強い影響力を与えてました。

    ドイツ

    イタリアのアイスに強い影響力を与えられた国としては主にドイツとフランスがあります。

    real edible icecream, no artificial ingredients used!

    ドイツのアイスの特徴は乳成分をふんだんに使っていることで、ドイツではアイスの上に生クリームをかけて食べるのが普通の食べ方です。 またドイツのアイスはイタリアからやってきたアイス職人に強く影響されており、ドイツで有名なアイスとしては「スパゲティアイス」といって、アイスクリームがスパゲティの形になるように絞り出され、その上にイチゴやチョコレートのソースをかけるアイスがありますが、これは元々イタリア人アイス職人が本国のイタリアらしさを出すために工夫して作ったものと言われています。

    スパゲティアイスの他にもフルーツをトッピングしてその上からソースやリキュールをかけて食べるベッヒャーというパフェや、バニラアイスに木苺やチョコレートソースをかけて食べるアイスなどがあります。 今ではアイスの専門店やスーパーマーケットで多くのアイスが並べられています。しかしドイツでは厳しい衛生管理・食品添加物の規制のもとで食品が製造されており、アイスも製造したり販売したりするためには特定のコースを受けて修了しなければいけません。

    フランス

    Honey ice cream cake with walnutsフランスに始めてアイスが伝えられたのはイタリアの名家メディチ家のカテリーナが結婚のためにフランスに来たのがきっかけです。それからフランスの料理人達がホイップクリームを凍らせたものを作るなど、独自のアイスクリームを作って現在のアイスが出来上がっていきました。フランスはモンブランやショートケーキなどのデザートの発祥の地として有名なため、アイスもケーキタイプのものが好まれています。

  • トルコとアメリカで食べられているアイスクリームの種類

    世界中で食べられているアイスクリームですが、国によって食べられるアイスの種類は違います。今回はトルコとアメリカで食べられているアイスについて紹介していきます。

    トルコアイス

     

    トルコで誕生したアイスではドンドルマが特に有名です。 ドンドルマとはトルコ語で「凍らせたもの」という意味で、日本では「トルコアイス」と呼ばれおり、普通のアイスよりも粘り気が強いトルコの伝統的なアイスです。 Traditional Turkish ice cream.ドンドルマの材料として主に使われているのは砂糖や羊乳、そしてトルコの山岳部で取れる植物の根を乾燥させパウダー状にしたのをお湯で溶かし抽出したサーレップです。 ドンドルマの作り方は、まずサーレップと乳と砂糖を鍋に入れて沸騰し、それから1時間ぐらいかき混ぜていきます。

    混ぜたものがヨーグルトみたいになったら固くなるまで冷まします。その後生地に空気を入れて粘り気が出るまで長時間練り込みます。ドンドルマは暑いところで作ると練り込んでいる途中で溶けてしまうため、寒い地域でしか作れません。日本でもトルコ風アイスが作られていますが、こちらはサーレップのかわりに海草から抽出したものを使用しているため、ドンドルマとは全くの別物です。 ドンドルマの定番はミルク味やバニラ味ですが、コーヒー味やチョコレート味のものも売られていますが、なかにはバニラ味のものに唐辛子をかけたものもあります。

    アイス大国アメリカ

     

    アイスの消費量世界一のアメリカ。アメリカ人は1人当たり日本人の約3倍 消費しているそうです。そんなアメリカのアイスはイタリアから伝わった後、独自の進化を遂げます。 アメリカ発祥のアイスにはサンデー・アイスコーン・スティックタイプのアイスなど数多くの種類があり、全世界で食べられています。サンデーは1890年代、日曜日にクリームソーダを提供することを条例で禁じられていた時に、アイスクリームパーラーのオーナーがお客様のためにアイスクリームにチョコレートシロップをかけたものを提供したことが始まりと言われています。Ice cream scoops - various flavors アイスコーンは1904年に開催されたセントルイス万国博覧会で売っていたのがきっかけで世界中に広まりましたが、誰が考案したものなのかはわかっていないそうです。 また世界的に有名なアイスメーカー「ハーゲンダッツ」「ベン&ジェリー」はアメリカの会社です。アメリカのアイスというとカロリーが高くてかなりのボリュームがあるといったイメージを思い浮かびますが、最近はヘルシー志向の方が増えてきており、低カロリーなアイスが続々と発売されています。

  • 市販のアイスクリームの色んな種類のアレンジ方法

    そのまま食べても美味しいアイスクリーム。しかしアレンジによってはカフェに出てくるようなアイスにすることも可能です。そこで今回はもっとアイスが美味しくなるアレンジ方法を紹介していきます。

    まずは焼き菓子を使ったアイスのアレンジ方法を紹介していきます。焼き菓子は市販のものでも大丈夫ですが、手作りすればより一層美味しくなるかもしれません。

    アイスクリームサンド

    Chocolate chip ice cream cookies with extreme shallow depth of field.

    アイスクリームサンドには様々な種類があり、アイスをクッキーやドーナツ、ワッフル、さらにはパイやパウンドケーキで挟むものがあります。 パイで作る場合はパイを横から半分に切ってアイスを挟み、パウンドケーキでは薄く切って冷凍庫で冷やします。クッキーやドーナツもあらかじめ冷蔵庫で冷やしておき、冷えたらアイスを挟み、冷凍庫で2時間ほど冷やせば完成です。 そのまま食べても美味しいですが、サンドにお好みでチョコレートやキャラメルシロップなどをかけるとより一層おいしくなります。また生地がふわふわしたドーナツやワッフルを使用するとふわふわの優しい食感となります。 柔らかい方が好みであるなら是非お試しください。

    ホットアンドコールドアレンジ

    Caramel and banana briouat served with vanilla ice cream

    焼き菓子の他にもトーストやクレープなど、火が通っていて熱い料理にアイスをトッピングすれば格段と美味しくなります。クレープやパンケーキの生地の味やトッピングするアイスの味によっては組み合わせが抜群なものがあります。 さらにその上から粉砂糖やチョコソース、ジャム、カラメルソースをかけるのもおすすめです。

    フロートアレンジ

    Refreshing Root Beer Float with Vanilla Ice Cream

    ドリンクとアイスをミキサーやプロセッサーで混ぜ合わせてフロートにするのもおすすめです。ミキサーかプロセッサーがあれば簡単につくることができ、しかも色んなジュースやアイスでアレンジを楽しめます。 またドリンクとアイスの組み合わせにはアイスコーヒーもおすすめです。アイスコーヒーとアイスの美味しいアレンジ方法としては、水出しコーヒーにアーモンドミルクを入れ、その上からアイスをトッピングします 。メープルシロップをかければ完成です。コーヒーの他にもフルーツの風味が漂うフレーバーティーにトッピングしても美味しいです。

    まとめ

    いかかでしたか。いつもそのまま食べていたアイスもひと手間加えただけで驚くほど味が変わってさらに美味しくなります。 普通の食べ方に飽きてしまった時には是非試してみてください。

1件~3件 (全20件)

ページ:
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. ...
  7. 7